blogお役立ちブログ

blog DETAILバッテリー上がりのその後は?適切な対処法を解説

2022年01月24日

バッテリーは、車のパワーソースとも呼べる重要な部分です。バッテリーが上がると、車が動かなくなってしまうことからも、それが理解できると思います。バッテリーは消耗品であると同時に、うっかりミスでも上がってしまいます。
この記事では、バッテリーが上がってしまったときに自力で復旧させる対処法を解説します。

バッテリー上がりのその後は?適切な対処法を解説

バッテリー上がりが車に及ぼす大きな影響

「バッテリー上がり」とは、バッテリーの蓄電池残量がゼロになることをいいます。バッテリー上がりが起こると、エンジンを起動させるセルモーターが回らなくなってしまいます。他にも、ヘッドライトやワイパー、エアコン、カーナビやオーディオといった、車の電装品も全く動かなくなります。バッテリーを上げてしまうと、車の機能は完全に停止するといっていいでしょう。
バッテリー上がりは、決して大きなトラブルではありません。しかし発生すると、とても面倒な状況になります。特に出先でバッテリー上がりになると、状況はさらに厄介です。バッテリーが上がってしまったときは、なんとか自力で復旧させ、トラブルから脱出してください。

自力復旧の応急処置はジャンピングスタート

バッテリーは、エンジンの回転で充電します。従って、セルモーターが始動すればバッテリーは復活します。昔のマニュアル車の場合、セルモーターを回転させる代わりに「押しがけ」という方法で対処が可能でした。しかし、現在はマニュアル車でも車載コンピューターなどに電力が必要なので、押しがけは使えません。
では、どうすればバッテリー上がりの車のエンジンを始動できるのでしょうか?その応急処置で最善の対処法が「ジャンピングスタート」です。

ジャンピングスタートの方法

用意するのは、赤と黒の2本のコードを持つブースターケーブル、電気を供給する別の車(救援車)です。では、以下にジャンピングスタートの方法を説明します。

救援車を安全な場所に止める

自車と救援車のバッテリーに、ケーブルが届くよう救援車を止めます。その際、必ず周囲の安全を確認し、他の走行車の迷惑にならない位置を確保してください。

ケーブルをつなぐ

バッテリー上がりで、最も重要な作業です。順序は以下のようになります。

  • 自車バッテリーのプラス端子に1本目のケーブルをセット。
  • 救援車バッテリーのプラス端子に1本目のケーブルをセット。
  • 救援車バッテリーのマイナス端子に2本目のケーブルをセット。
  • 自車バッテリーのマイナス端子に2本目のケーブルをセット。

この順序を間違えると、バッテリーがショートし、大変危険な状態に陥ることもあります。

救援車のエンジンをかける

救援車からエンジンをかけます。その際、AT車はギアをPに、マニュアル車はニュートラルポジションにしておきます。またサイドブレーキは、必ずかけておきましょう。エンジンが始動したら、アイドリング回転をやや高めに上げます。

自車のスターターモーターを回す

救援車が5分ほどアイドリングした後で、自車のセルモーターを回します。エンジンがかからないからといって、何度もセルモーターを回すのは厳禁です。救援車のアイドリング回転数を上げて(3,000回転前後)再度、セルモーターを回しましょう。自車のエンジンがかかったらブースターケーブルを外します。このときの順序は、接続したときと逆です。最初は自車バッテリーのマイナス端子から、ケーブルを外してください。ブースターケーブルは、2,000〜3,000円で購入できます。

ケーブル長5mサイズで丸めておけば、直径は30cm前後になりますので、トランクやラゲッジルームに収納しても場所を取りません。救援車がみつからない場合でも、ジャンピングスタートはできます。その際、必要なのはジャンプスターターと呼ばれる携帯用バッテリーで、ケーブルの接続方法は、救援車とほぼ同じです。コンパクトサイズであれば、7,000円〜で購入できます。またUSBポートや懐中電灯なども装備されているので、アウトドアでも利用できます。ジャンプスターターも家庭に常備しておけば、なにかと便利ですね。

バッテリーチェックを信頼できる専門業者に任せる

バッテリーは、いきなり上がるわけではありません。多くの場合、バッテリーが上がる原因は「うっかりミス」にあります。例えば、ライトやハザードランプの消し忘れ、長期にわたって乗らないときにバッテリーを外さなかった、などが挙げられます。また、バッテリーの寿命は2〜3年です。寿命が近づいて、劣化しているバッテリーの場合は予兆があります。セルモーターの回り方が弱い、電装品をフル稼働させるとライトが暗くなるなどです。

この予兆が出たら、交換時期ですね。逆にいえば、予兆を察知したり、うっかりミスをしたりしなければ、バッテリー上がりは防げるのです。バッテリーは、1度でも上げてしまうと大きなダメージを受けます。劣化していたバッテリーでは充電ができず、再び走行不可能になることもあります。バッテリー上がりに遭遇しないためには、日頃のメンテナンスが大事です。信頼できる専門業者に、バッテリーチェックを依頼しましょう。
オートサービスナカヤマでは、バッテリーチェックから交換作業まで承っています。自社に認定工場を備えているので、作業はスピーディー。できる限りコストを安くする親切なサービスも大きな魅力です。担当するスタッフもベテラン揃いなので、安心して依頼できますよ。バッテリーのチェックや交換で悩んだら、オートサービスナカヤマに相談しましょう。

オートサービスナカヤマの整備・メンテナンスはこちら

関連記事