お役立ちブログblog

blog DETAILタイヤを買い替えるときホイールも交換しなければならない?

2023年05月10日

車にとってタイヤは走る曲がる停まるの動作すべてに関わる重要なパーツであることは皆さんご存じでしょう。
そしてタイヤは減り具合が目で見える消耗品なので、スリップサインが出る前には交換しましょう。

タイヤの交換には、スペアタイヤのようにホイール付きのタイヤと入れ替える「履き替え」と、ホイールから古いタイヤを外してから新しいタイヤをはめ込む「組み替え」の二つの方法があります。
それぞれのメリット・デメリットについて紹介します。

タイヤを買い替えるときホイールも交換しなければならない?

タイヤの交換をしよう

タイヤは、走行距離や使用する年月に応じて劣化するもので、加速減速、コーナリングなど路面とのグリップに依存した運転をするほど減りやすくなります。
そしてすり減ったタイヤは劣化して本来の性能を発揮できなくなります。

スリップを起こしやすいなど安全の確保が難しくなるのと、乗り心地が悪くなることもあるため、できるだけ早いタイミングで交換したいものです。

どんなタイヤを履いていますか?

今、あなたの車についているタイヤについてご自身で把握していらっしゃいますか?車を買ったときの純正タイヤでしょうか?それとも点検や車検の時に整備工場から言われて交換しましたか?タイヤは同じメーカーでもスポーツ走行に適したもの、経済性の良いもの、静粛性に優れたもの、雪道用のスタッドレスタイヤなどいろいろなタイプがあります。

また、ホイールは車を買ったときのままのスチールですか?それともお気に入りのアルミホイールでしょうか。
わからないのであれば、まずはじっくりタイヤを観察しましょう。

タイヤの溝が浅くなってスリップサインが出ている、タイヤ表面がひび割れている、または傷が見られるならば交換時期のサインです。

タイヤ交換は4本一緒に

タイヤは4本同時に交換するのが基本です。
タイヤは減り具合により少しずつ特性が変わり、パンクした一本だけ交換とか、すり減った前輪だけの交換はタイヤどうしのグリップ力の差が出て走るバランスが悪くなるのでお勧めできません。
もしパンクをしたのならば、ホイールに影響がないか確認します。

大きな段差にタイヤを当ててしまったときや、パンクしたことに気づかずしばらく走ってしまったときなどホイールが痛んでいるかもしれません。
ディーラーやタイヤショップなどで診断してもらい、使用不可と診断されたらホイールも交換が必要です。

ホイールそのままで タイヤだけ交換できる?

タイヤとホイールはセットで売られていることも多いですが、4本同時に交換するとなると結構な金額が必要です。
安全のために致し方ない出費ですが、費用はできるだけ安く上げたいものです。

もし今まで使っているホイールに傷や、変形が無ければホイールはそのまま使えるでしょう。
お気に入りのホイールならなおさらです。
そんなときにはタイヤだけ購入し自前のホイールに組み込んでもらう「組み換え」をします。

タイヤをホイールへ脱着するには専用の機械が必要となるので、タイヤショップやディーラーなどへ依頼します。
また組み換えた後にホイールバランスを調整する作業も必要です。
それにも専用の装置を使います。

それらを含めてショップへ依頼しますが、その際には組み換えの工賃が必要です。
これらの作業は有る程度の作業時間が必要で、組み換え作業が終わるまでショップで待つか、車を預けておかなければなりません。

古いタイヤはショップに処分(廃棄)してもらえます。
それぞれに費用が掛かりますが、ホイール込みで購入するより費用を抑えられるでしょう。
もちろん消耗が少ないタイヤならば持ち帰ってまた再利用することもできます。

夏冬タイヤに交換するときは

冬場に雪や凍結の多い地域で使う車では、夏タイヤと冬タイヤ(スタッドレス)を毎年春と秋に履き替えます。
ほとんどの方が夏冬タイヤそれぞれをホイール組み込みんだセット状態で保管しておいてそれぞれのセットに「履き替え」る方法で対処しています。

その時期はその地域の皆さんが履き替えを行うのでタイヤショップは混雑します。
ホイール付きタイヤの履き替えはジャッキを使って自分で交換することもできます。
外したタイヤを保管する場所が必要ですが、ショップによって履き替えたタイヤを保管してくれるサービスがあります。

まとめ

タイヤは消耗品です、定期的に交換しましょう。
予算に余裕があれば、ホイールも一緒に変えてイメージアップを図りたいですね。
インチアップや扁平率の違うタイヤで走行性能も向上できるでしょう。

予算があまりなく走行の安定性や安全のためにタイヤ交換を最低限の費用で済ませたいならば、ホイールはそのまま使い、タイヤを新しくしましょう。
大事なことはタイヤを新しくすることですから。

オートサービスナカヤマの自動車整備・修理はこちら

関連記事

  • 車検切れは罰則の対象になるのか?起こり得るトラブルと対処法を紹介車検切れは罰則の対象になるのか?起こり得るトラブルと対処法を紹介 自動車の車検が切れそう、もしくは車検切れになってしまったら、多くの人は慌てることと思います。 「車検が切れてしまったら、どう対処したらいいの?」 「車検切れって罰則の対象じゃなかったっけ?」 そんな疑問が頭に浮かぶことでしょ […]
  • 自動車の板金塗装とは?依頼後の流れや費用相場・おすすめ業者を紹介自動車の板金塗装とは?依頼後の流れや費用相場・おすすめ業者を紹介 大切な愛車にキズがついてしまった際、気になるのは「板金塗装の内容や費用の相場」ではないでしょうか? 板金塗装は、直す部位や依頼する業者によって料金が異なります。 キズの具合によっては対応できない業者も少なくありません。 そこ […]
  • クラッチペダルが重い原因 今すぐ対策したい方へのアドバイス!クラッチペダルが重い原因 今すぐ対策したい方へのアドバイス! クラッチペダルが重い、あるいは硬いと感じた経験はありませんか?ペダルの重さは、安全かつ快適なドライビングに直結する要素です。 本記事では、クラッチの役割とその基本構造から始め、クラッチペダルが重くなる原因を詳細に解説していきます。 […]
  • エンジンルームクリーナーで洗浄するメリット・デメリットは?エンジンルームクリーナーで洗浄するメリット・デメリットは? 普段乗っている車のメンテナンスは定期的に行っていますか? タイヤ交換やウォッシャー液の追加までは自分でできても、オイル交換やエンジンルームの洗浄はできないという人も多いでしょう。 特にエンジンルームの中はさまざまなパーツが入ってい […]
  • サフェーサー とはサフェーサー とは サフェーサーとは、塗装をする表面に施す下地塗料のことです。 どんな場合にサフェーサーが必要になるのか、サフェーサーの役割とその効果、サフェーサーを塗るときにどんなサフェーサーを選べばよいか、その塗り方など、わからないことがたくさんあ […]
  • 軽自動車の車検費用の相場は?内訳と安く抑えるコツを解説軽自動車の車検費用の相場は?内訳と安く抑えるコツを解説 軽自動車の車検費用について知りたい方向けに、車検費用の相場・内訳・その他かかる費用について説明します。 また、車検費用を少しでも安く抑えるコツも併せて解説するので参考にしてください。 車検とは何か 車検の正式名称は「自動車継 […]