お役立ちブログblog

blog DETAILレンタカーの傷における許容範囲は?何度も利用した経験から解説!

2023年07月14日

レンタカーを利用する際、万が一の事故や傷が気になるという方も多いことでしょう。
車両の状態や傷の許容範囲、保険の補償内容など、レンタカーにおける傷に関する疑問は尽きません。
筆者も、レンタカーを他人に擦られた際、警察に連絡せず保険が下りなかった経験があり、知識は重要です。

本記事では、レンタカーの傷における許容範囲や対処法、予防法について詳しく解説します。
また、万が一の傷に備えるためにレンタカー保険の活用方法についてもご紹介します。
レンタカーを安心して利用するために知っておくべきポイントを一挙にお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

レンタカーの傷における許容範囲は?何度も利用した経験から解説!

レンタカーの傷における許容範囲はどれくらい?

レンタカーを借りる際、気になるのが傷やキズの許容範囲です。
レンタカー会社ごとに基準が異なることがあり、一般的な傷や細かなキズは通常許容される場合があります。
しかし、具体的な基準を知らずに利用すると後々のトラブルにつながることも。
傷の許容範囲と基準について詳しく解説します。

レンタカーの傷の許容範囲と基準について

レンタカーを借りる際に気になるのが、傷やキズの許容範囲です。
一般的に、レンタカー会社は一定程度の傷やキズを許容しており、通常の使用で生じる細かな傷は許容されることが多いです。
しかし、許容範囲は会社ごとに異なる場合があるため、契約前に確認が必要です。

レンタカー会社ごとのポリシーとルール

さまざまなレンタカー会社が存在するため、傷の許容範囲やルールは会社ごとに異なります。
一部の会社では「目に見えない傷も補償対象」とする場合もありますが、他の会社では「5cm以下の傷までが許容範囲」としていることもあります。

契約前に利用規約をよく確認し、会社ごとのポリシーやルールを理解することが重要です。
ただ多くの場合、利用者と言い争いになりそうな細かい傷や、跳ね石ていどの傷であれば何も言われない場合が多いです。

ただ、遠目から見て明らかに縁石や他の車に擦られたことがわかる跡は、請求される場合がほとんどとなります。

車両状態を確認する際のポイント

レンタカーを受け取る前に、車両状態を確認することが大切です。
キズや傷の有無を詳細にチェックし、写真を撮ることで後々のトラブルを回避できます。
特に目立たない場所や車体の裏側も含めて十分な確認を行い、事前にレンタカー会社に報告することが良い対策となります。
おすすめなのが、乗る前の確認時に動画で撮っておくことです。

中見出し2: 覚えがない傷が請求された場合の対処法
場合により、または悪質なレンタカー会社の場合、覚えのない傷に対して請求される場合があります。
この場合の対処法について解説します。

レンタカーを受け取る前の事前確認の重要性

レンタカーを受け取る際には、スタッフと一緒に車両状態を確認することが重要です。
レンタカー会社のスタッフと共に車両の外観を点検し、すでにある傷やキズを共有しましょう。
この際に写真を撮影しておくことで、後々に請求があった際に有用な証拠となります。

覚えがない傷の写真付き確認の依頼方法

レンタカーを返却する際、スタッフとの間で傷の確認に食い違いが生じることもあります。
そうしたトラブルを回避するためには、返却時にも車両状態を写真付きで確認することが重要です。
レンタカー会社への依頼により、スタッフが立ち会って写真撮影を行うこともできます。

請求が不当だと感じた場合の対応策

もし、レンタカー会社から不当な請求を受けたと感じた場合は、しっかりとした証拠を提供して異議を申し立てることが重要です。
事前に撮影しておいた写真や車両確認書などを使って請求の根拠を示し、説得力のある対応を行いましょう。
万が一解決が困難な場合は、消費者センターや弁護士の相談を活用することも考えられます。
基本的に、傷が付けられた場合の証明はレンタカー会社側にあることも留意しておくと良いでしょう。

警察を呼ばなかった場合の事故処理と請求額の目安

事故や傷ができた場合、警察を呼ぶ必要があります。
筆者も駐車場で車を擦られた際、警察を呼ばなかったことで事前の保険が効かず、全額自己負担になった経験があり後悔しました。
事故処理と請求額の目安について解説します。

警察を呼ばなかった場合の事故処理手順

レンタカーで事故を起こした際、一般的には警察への通報が必要とされます。
しかし、軽微な事故や傷の場合には、警察を呼ばないこともあります。
しかし、警察を呼ばなかった場合は後々に請求が発生する可能性があるため、事故処理には注意が必要です。

事故処理の過程での支払い予測と傷の修理費用について

警察を呼ばなかった場合、レンタカー会社は後日に事故の請求を行うことがあります。
請求額は修理費用や貸出期間の損害を含み、事故の内容によって異なります。
一般的に小さな傷であれば、1万~数万円程度の請求があることが多いですが、重大な事故の場合は高額な請求となることも考えられます。

レンタカー保険の補償範囲と免責額の考慮

レンタカー保険は事故の際の責任範囲を一定程度まで補償してくれますが、免責額(自己負担金)があることも考慮すべきです。
保険の内容や免責額を理解し、必要に応じて補償範囲を拡張する「免責補償(CDW)」や「ノンオペレーションチャージ(NOC)補償」を利用することが安心のために重要です。

レンタカーの傷を予防する方法と注意点

やはり一番重要なことは、レンタカーに傷を付けないことでしょう。
ここでは、レンタカーの傷を予防する方法と注意点について解説します。

レンタカーの傷を予防するための運転のポイント

事故や傷を予防するためには、安全運転が大切です。
過剰なスピードや急ブレーキ、急ハンドル操作を避け、交通ルールを守りながら運転しましょう。
特に未舗装道路や交通量の多い道路では十分な注意が必要です。

駐車場や交通量の多い場所の注意点

車両の傷を防ぐためには、駐車場の選択や停車方法にも注意が必要です。
安全な場所に駐車し、他の車との干渉を避けることが重要です。
駐車場でも、列の曲がり角に当たる部分、大型の車の近くは危険です。
特に交通量の多い場所では、他の車両との衝突を避けるために慎重な運転が必要となります。

レンタカー保険の有効活用と補償内容の理解

レンタカー保険は傷や事故に備える際の重要なサポートです。
保険の内容をよく理解し、必要に応じて免責補償やノンオペレーションチャージ補償などを追加して利用することで、トラブル時の負担を軽減できます。

まとめ

レンタカーを利用する際には、傷に対する許容範囲を理解し、事前に車両状態を確認することが大切です。
レンタカーを受け取る前の事前確認や写真撮影を丁寧に行い、後々のトラブルを予防しましょう。
万が一の事故に備えてレンタカー保険の活用や運転の安全確保も忘れずに行い、安心してレンタカーを利用しましょう。

オートサービスナカヤマの自動車整備・修理はこちら

関連記事

  • そもそも法定点検って何?車検の違いや種類について解説!そもそも法定点検って何?車検の違いや種類について解説! 「初めての法定点検を受ける予定なのだけど、法定点検がどのような検査なのかがわからない」と悩んでいる方がいるかもしれません。 本記事では、法定検査と車検の違いや種類について詳しく解説します。法定点検の内容を具体的に把握していない方は、ぜひ […]
  • イタズラされやすい車の特徴とは?よくある例や対処方法イタズラされやすい車の特徴とは?よくある例や対処方法 車に乗ろうとしたら、見に覚えのないような傷や凹みを見つけたことがありませんか? 愛車へのイタズラに怒りを感じた人は多いでしょう。 人によっては1回だけではなく、2回3回と複数回の被害に遭うケースもあります。 今回は二度と被害 […]
  • 猛暑のせいで車が故障!?トラブルの原因と対処法をご紹介します!猛暑のせいで車が故障!?トラブルの原因と対処法をご紹介します! 毎年夏の暑さが厳しくなっている影響で、車が故障してしまって困っているとご相談を受けるケースが増えています。 車が毎日の生活に欠かせない方も多いでしょう。 ある日突然車が動かなくなってしまったらとても困りますよね。 そこで、今回の […]
  • バッテリー上がりのその後は?適切な対処法を解説バッテリー上がりのその後は?適切な対処法を解説 バッテリーは、車のパワーソースとも呼べる重要な部分です。バッテリーが上がると、車が動かなくなってしまうことからも、それが理解できると思います。バッテリーは消耗品であると同時に、うっかりミスでも上がってしまいます。 この記事では、バッテリ […]
  • 中古車販売業者の方がディーラーよりお得?購入時のポイントを解説中古車販売業者の方がディーラーよりお得?購入時のポイントを解説 新車より安く購入でき、車種の選択肢が増えることから、最近では中古車の購入を検討される方が増えています。 中古車の購入時にもっとも迷うのが、「中古車販売業者とディーラーのどちらで購入するか」ということではないでしょうか。 この記事で […]
  • シリコン洗車にデメリットはある?メリットやコーティングとの違いも解説シリコン洗車にデメリットはある?メリットやコーティングとの違いも解説 車に欠かすことができない洗車にはいろいろな方法が用意されていますが、その1つに「シリコン洗車」があります。 今回は、シリコン洗車のメリットとデメリットを中心に、コーティングとの違いについても紹介します。 シリコン洗車が向いている人と向 […]