blogお役立ちブログ

blog DETAILラジエター修理・交換の注意点と損傷したときの対処法

2022年02月21日

燃焼を繰り返すエンジンは、高温になります。その温度を一定に保つ役割を担っているのが、ラジエターです。ラジエターに劣化や損傷が発生すると、走行不能になるだけでなく、エンジンが壊れることもあります。
この記事では、ラジエターが壊れたときの応急処置や修理、交換する際の注意点を解説します。

ラジエター修理・交換の注意点と損傷したときの対処法

冷却システムで重要な役割を果たすラジエター

ラジエターは、エンジン熱で高温になったクーラント液を冷やす装置です。高温になるエンジンを、直接冷やすのはクーラント液です。クーラント液は、冷却水とかLLC、スーパーLLCとも呼ばれていますね。クーラント液は、エンジンの循環経路を通ってラジエター内に送られます。ラジエター内で、外気の風や冷却ファンによって冷やされ、また循環経路へ。これを繰り返すことで、エンジンの温度を一定に保つシステムになっています。ラジエターが損傷すると、クーラント液が漏れたり、冷却が十分にできなくなったりします。

当然、エンジンは高温になって正常に作動しません。一般的にオーバーヒートと呼ばれる状態ですね。軽症であれば、アイドリングが安定しない、エンジン回転が上がらないといった程度で済みます。しかし、重症になるとエンジンが止まり、ボンネット内から焦げた匂いが立ち上ります。最悪の場合は、エンジンが焼き付いて修理不能に陥ることも。ラジエターの機能がいかに重要か、容易に想像できますね。

ラジエターの寿命を縮める最大原因はメンテナンス不足

ラジエターの耐用年数は、一般的に10〜12年といわれています。構造がシンプルなので、壊れにくいパーツですね。日頃のメンテナンスをしっかり行っていれば、耐用年数はさらに伸びることもあります。劣化が早まったり耐用年数が短縮したりする主な原因は、メンテナンス不足が考えられます。例えば、クーラント液の劣化。クーラント液には、防錆剤が含まれていますが、経年使用で効果が弱まってきます。効果が弱まると、クーラント液の水分による侵食が始まり、ラジエターフィンに錆びが発生。その錆びの部分の金属がもろくなり、クーラント液が漏れ始めるわけですね。クーラント液は、種類によって変わりますが、LLC(ロングライフクーラント)で2〜3年、スーパーLLCで7年または16万kmが目安です。

劣化すると、クーラント液の色が濁ってくるので目視で確認できます。定期的にチェックし、劣化の症状がわずかでもみられたら、早めに交換しましょう。その他、ラジエター周辺部品の劣化も故障原因になります。ホース類や冷却ファン、ラジエターキャップなど周辺部品は数多くあります。こちらも、定期的なチェックとメンテナンスが必要ですね。また、前車からの飛び石や路面からの突き上げでラジエターを損傷するケースもあります。稀なケースですが、小さな傷穴でもクーラント液は漏れて確実に減少します。飛び石や突き上げで異変を感じたときは、停車してラジエター下をみてください。クーラント液が垂れていたら即、ラジエター修理が必要です。

走行中にラジエター損傷が発生したときの対処法

ラジエター損傷で、最も怖いのは走行中の異変です。ただし、フロント大破のような事故でない限り、急に走行不能に陥ることはありません。何かしら兆候が表れるので、それを見逃さず安全な対処法を取ってください。最も分かりやすいのは、メーター内の水温計です。メーター両端にC(cool)とH(hot)が表示されており、その間に針があります。水温が正常であれば針は中央からややC寄りですが、異常が発生すると、針はH手前の赤いラインに近づいていきます。そこまで針が達したら、走行は危険なので、速やかに安全な場所に停車してください。その際、エンジンはかけたままにしておきます。回転の低いアイドリング状態であれば、冷却システムが働いて温度を下げることができます。

最も安全な対処法は、JAFや任意保険会社のロードサービスを呼ぶことです。近距離の目的地までたどり着きたいときは、冷却水を補給します。応急処置としては、コンビニや自販機の水でも大丈夫です。ボンネットを開け、リザーバータンクの目盛りが示す上限まで入れてください。水温計の針が下がったらできるだけ低速で走行し、温度を上げないようにしましょう。なお、水温を早く下げようとしてラジエターキャップを開けるのは厳禁。沸騰したクーラント液が噴出し、大やけどする恐れがあります。一度水を入れると、腐食が早まるので応急処置後は、ラジエターを交換してください。

ラジエターの修理・交換は専門業者に任せる

ラジエターが損傷したらDIYでの修理、交換はほぼ不可能です。修理には、専門知識とスキル、専用工具や修理スペースが必要です。未熟な修理・交換で、走行中に不具合が発生して事故につながった、なんて事態は避けたいもの。ラジエターの修理・交換は、専門業者に任せるのが最善策です。でも、そこで気になるのが費用ですね。修理の相場は、大体20,000円前後です。しかし、これはラジエターフィンや周辺の腐食した小さな穴を塞ぐ程度の修理費用です。ラジエター本体が古いと、修理してもまた他の箇所で穴が発生する可能性があります。ラジエターは、損傷したら交換する方が結果的に安くなります。交換費用の相場は50,000〜60,000円前後です。

ただし、車種によって、また周辺部品の損傷によっても相場は大きく変わります。特に、輸入車は100,000〜200,000円、それ以上になることを想定しておきましょう。修理・交換を依頼する専門業者は、ディーラーでもいいのですが、やはり費用の高さが難点。その点、信頼度の高い修理業者であればコストを抑えることができます。例えば、有限会社オートサービスナカヤマは、25年(2022年現在)の社歴を持ち、法定点検整備は年間1,500台以上の実績があります。スタッフは、豊富な専門知識と高いスキルを持ち、ユーザー目線で相談に応じてくれます。ラジエターの修理・交換は、有限会社オートサービスナカヤマに任せれば安心ですね。

オートサービスナカヤマの整備・メンテナンスはこちら

関連記事

  • シリコン洗車にデメリットはある?メリットやコーティングとの違いも解説シリコン洗車にデメリットはある?メリットやコーティングとの違いも解説 車に欠かすことができない洗車にはいろいろな方法が用意されていますが、その1つに「シリコン洗車」があります。 今回は、シリコン洗車のメリットとデメリットを中心に、コーティングとの違いについても紹介します。 シリコン洗車が向いている人と向 […]
  • リセールとは?リセールバリューの高い車の特徴を解説!リセールとは?リセールバリューの高い車の特徴を解説! 車は安いものでも数十万円以上で、マイカーを購入するのに数百万円や数千万円のお金をかける方もたくさんいるのが現実です。 このコラムでは、車のリセールとは何かを詳しく解説し、リセールバリューが高い車の特徴などを詳しく紹介します。 車の買い […]
  • セルモーターの故障原因は?気になる寿命や修理費用も紹介!セルモーターの故障原因は?気になる寿命や修理費用も紹介! 車のエンジンを始動させるための装置がセルモーターですが、車を長く運転していると、突然セルモーターが回らなくなるということもあります。 今回は、セルモーターが回らなくなる原因や、セルモーターの寿命や修理にかかる費用について詳しく解説します […]
  • スタッドレスタイヤは燃費が悪いって本当?その原因をチェック!スタッドレスタイヤは燃費が悪いって本当?その原因をチェック! 冬場、早めにスタッドレスタイヤを履けば、突然の雪やアイスバーンでも安心。 でも、ドライコンディションの路面では、サマータイヤに比べて性能が落ちます。 運転の仕方次第では、燃費が落ちたり操縦性が悪くなったり、ということも。 この記 […]
  • 旧車にメンテナンスが必要な理由と注意点について旧車にメンテナンスが必要な理由と注意点について 現代の車とは全く異なる風貌をした旧車がブームとなっており、はじめて乗るマイカーに旧車を選択する方も増えています。 メカに詳しいカーマニアであれば、自身でマイカーの状態を把握して、旧車でも安全に長く乗ることができますが、そうでなければ古い […]
  • ロードノイズにはデッドニングが効果的?ノイズ対策について解説ロードノイズにはデッドニングが効果的?ノイズ対策について解説 近年はハイブリッドカーや電気自動車が普及したため、以前よりも車内に雑音が入ることが減っています。 しかし、遮音性の低い車種が完全になくなったわけではありません。 今回は、車を運転するうえで気になるロードノイズの原因を詳しく解説して […]